フォト

映画タイトル別一覧

  • 映画タイトル別一覧
    外部HPに、当ブログの映画レビューの記事「映画タイトル別一覧」を作りました。

最近のトラックバック

« 私の中のあなた(My Sister's Keeper) | トップページ | 理想の彼氏(The Rebound) »

2009/10/24

レスラー(The Wrestler)

プロレスにはヘビメタがよく似合う!
Thewrestler1 プロレスとヘビメタは共通点が多い。だからレスラーがリングで戦っているシーンにはヘビメタがよく似合う。
 共通点の一つは、様式美の世界であること。スポーツは筋書きのないドラマだから面白いというけれど、筋書きがあるドラマだって面白いんだ。観客が何を求めていて、それをリングステージで演じるドラマで何が悪いんだ。「仕掛けた技には掛からなければならない」はプロレスの暗黙の了解。ジャイアント馬場の16文キック、あのスピードなら除けることが出来るだろ、と思えるのだが、ロープに振られたら帰ってこなければならないんだ。技をかけられながらもダメージを少なくする、受け身の上手さが求められている。それが難しいんだ。そこがテクニックなんだ。だから、この映画の主人公ランディ・ザ・ラムの技がスゴイというよりも、対戦相手の技のかかり方が上手いんだ。それを観客は求めている、勝ち負けじゃない、技を掛け合うところが面白いんだ。ヘビメタを聞きに来るファンも、同じだろ。みんなヘッドバンキングしたいんだから、ミュージシャンはそれを演奏する。Quiet Riot のBang Your Head (Metal Health)が流れるが、サビで一緒に叫ぶのがいいんだ。その世界は、ともに様式美。ワンパターン、と言うなかれ。そう思う人は見に行かなければよい。大体が、万人に受け入れられようと思っちゃいない。プロレスもヘビメタも。

ThewrestlerThewrestler2  もう一つの共通点は、現実から逃れた自己陶酔の世界であること。ランディの日常は、リングで注目を浴びる存在からは到底想像出来ないほど悲惨。スーパーのアルバイトだって、顔を見られて本人だとバレないように、倉庫などの裏方の仕事に徹する。素敵なマイホームパパ、だなんて顔を見せるなんてもってのほか。それで娘と疎遠になっても仕方がない。いつだって、虚勢を張って派手に生きている。稼いだお金は、自らの肉体をより美しく見せるために、日焼けサロン代や筋肉増強剤代に消える。ヘビメタだって、長い髪を振り乱してギターを腰より下で持ち、野太いリフと搾り出すようなシャウトボーカルでなければならない。バイトだって何でもいいというわけではなく、選ばないといけない。Tシャツにジーンズで普段は過ごさないといけない。生活感を微塵も見せない姿が、ヘビメタなんだ。

Thewrestler3 が、その世界にいることに不安を感じ始めた時、上記の共通点の前提となっていることは、意味を成さなくなってくる。ランディが心臓発作を起こし、引退を決めた時、かれはスーパーの総菜売り場に立った。娘との関係を修復しようとした。遊び相手ではなく、そばにいてくれる女性を求めた。様式美を捨て、自己陶酔の呪縛を解き、現実に戻ろうとした。ヘビメタのミュージシャンが、髪を切り、スーツを着たのと同じだろう。その決意と努力には、敬意を払うべきであろう。なぜなら、その決意は、自分の生き方を大転換させることを意味するのだから。

 しかし、ランディは再びリングに戻る。様式美と自己陶酔の世界こそが、彼の居場所だ、と気づいたから。その世界に、ランディを待っている人がいるのだから。ヘビメタ式世界に戻ることが、彼の自己肯定であるのだから。

 エンディング、ブルース・スプリングスティーンの歌う「レスラー」が流れる。ヘビメタで主人公の生き様を見せられた最後に、ゆったりとアコースティックナンバーで締めくくるという粋な計らいに、涙が込み上げてくるのはもう必然であろう。レスラーをone trick pony(一芸しかできないポニー)、one-legged dog (片足しかない犬)、a scarecrow filled with nothing but dust and weed(埃と雑草で詰められた案山子)と形容するも、愛情を込めて歌い上げるその歌に、涙は止まらない。

(その歌の訳詞はこちらをどうぞ)

http://blogs.yahoo.co.jp/hotel_zihuatanejo/32065902.html

« 私の中のあなた(My Sister's Keeper) | トップページ | 理想の彼氏(The Rebound) »

映画」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/510100/46570373

この記事へのトラックバック一覧です: レスラー(The Wrestler):

» レスラー/ブルース・スプリングスティーン [ホテル・ジワタネホの洋楽訳詞ブログThe Cinema Show]
= The Wrestler / Bruce Springsteen = == レスラー(俺を見かけたことがあるはずさ) == {{{No.242}}}  数カ月前に、映画「レスラー」を見ました。ミッキー・ロークが、落ち目になったかつての人気レスラー役を演じ、数々の賞をとった映画です。その映画のエンディングを飾ったのがこの曲。ブルースは、ロークが送ってくれた映画の脚本を読み、映画のイメージを思い浮かべて書き下ろしたそうです。落ち目になっても、バイトで稼いだお金をすべて肉体の維持(ステロ..... [続きを読む]

« 私の中のあなた(My Sister's Keeper) | トップページ | 理想の彼氏(The Rebound) »

2015年10月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

洋楽に関するおすすめブログ

おすすめ映画レビュー

無料ブログはココログ