フォト

映画タイトル別一覧

  • 映画タイトル別一覧
    外部HPに、当ブログの映画レビューの記事「映画タイトル別一覧」を作りました。

最近のトラックバック

« ナイロビの蜂(The Constant Gardener) | トップページ | スルース(Sleuth) »

2009/06/24

愛を読むひと(The Reader)

マイケルが「愛を読むひと」なら、さしずめ観客は「行間を読むひと」か

Reader1  これほど完成度が高く、かつ、評価や理解の難しい映画はないのではないか。

 主人公の気持ちが台詞で全くといっていいほど語られず、感情の露出した場面も少なければ、表情が崩れることも少ない。だから、主人公2人の感情がはっきりと理解できるという構成にはなっていない。次々訪れる出来事に、2人が何を考えたのか、説明はない。あるのは、その出来事を引き起こすことになる原因が、主人公それぞれの「固い意志」によるものであるという事実だけだ。その「固い意志」は、分かりやすく観賞者に示してはもらえない。だから私たち自身もreaderとならざるをえない。まさに、those who read between the lines(行間を読むひと)になることを要求されている。いや、read between the lines ではなく、read behind the lines(隠されたことを読む)といった方が近いかもしれない。難しいのはこのためだ。

 なぜ、30台半ばのハンナが、15歳の坊や(kid)であるマイケルを誘惑したのか。-(1)
 なぜ、法廷でハンナは自分の罪を、むしろ過大に受けることにしたのか。-(2)
 なぜ、マイケルはハンナの隠している秘密を公にして、ハンナの罪を軽減させなかったのか。-(3)
 なぜ、マイケルは再びreaderとなることにしたのか。-(4)
 なぜ、ハンナは自ら命を絶ったのか。-(5)

 いくつもの、「なぜ」が映画を見ながら沸いてくるが、その答えはどれも、行間を、言葉の裏を読み取ることを要求される。難易に多少の差はあるが、台詞では読み取れない。

 でも、だからこそ、この映画の完成度の高さを感じるのだ。ハンナ役のケイト・ウインスレット、マイケル役のデビッド・クロスとレイフ・ファインズ、彼らの演技は、行間を読む好奇心をかき立ててくれるには充分すぎるほどの出来だ。映画を見ながら、何でだろう、どうしてこういう行動になるのだろう、と思いを巡らしつつ、主人公二人の気持ちを理解しようとする。
Reader2  演出としては、前半にはやや露骨なセックスシーンもあり、それで観客の気を引かせておいたのかもしれないが、映画が進むにつれ、そういった類いのキワモノシーンは影を潜め、むしろ坦々と描写しようという姿勢が明確になる。それが、さらに観客の好奇心と探求心を呼び起こす。

 そして、映画を見終わった後から、ふつふつと沸き上がるように、ゆっくりと解け出すように、いくつもあった「なぜ」が見えてくる。映画を見おわってから、数日たった今、私のたどり着いたいくつもの「なぜ」の答えは、これ。

(1)文盲(illiteracy)を隠して生きてきたハンナが、人との接触を極度に嫌うのは自然なことであろう。圧倒的な力関係である「坊や」に対してなら行動できる、というのは、(人付き合いの出来ない男と、幼年の女の子、という風に)男と女の立場を変えた性犯罪が頻繁に起きている事実を考えれば、想像に難くない。
(2)自分が恥ずかしいと思っていること、隠したいと思っていることは、何よりも変え難いもの。その秘密をあばかれるくらいなら死を選ぶ人もいる程。戦時中とはいえ、識字率の高いドイツ(それでも戦後すぐは90数パーセントだったらしい)では、どうしても隠したい秘密であってもおかしくはない。
(3)法廷での彼女の受け答えを見たら、(2)を感じざるを得ない。と同時に、ナチスの残虐な行いに、何の躊躇もなく行動したこと(またはそんな発言)に対する嫌悪感も混ざっていたのかもしれない。それはマイケルがアウシュビッツを1人訪れる場面で、感じられた。
Reader4(4)書物を読むこと、それはすなわち、人間の知性を磨くこと。それを伝え、さらにハンナへの想いを伝えるには、もう一度自分がreaderとなることが、今できること、だったのだろう。そのきっかけが自身の離婚である、というのは納得がいく。
(5)知性を磨いた彼女に、ナチスの元親衛隊という十字架を背負って、一般社会に戻ることはかなりの重荷であろう。頼れる「坊や」は、もう坊やではなく、(1)時代の力関係は完全に崩れている。残された道は、これ、だったのだろう。

 原作では、行間を読まずとも、ハンナとマイケルの気持ちが読み取れるのかも知れない。ぜひ読んでみたい。

 最後に一言。言葉がドイツ語でなかった点が悔やまれる。 

« ナイロビの蜂(The Constant Gardener) | トップページ | スルース(Sleuth) »

映画」カテゴリの記事

コメント

こんばんは。
私、この映画を観るの迷っていて、結局観るのやめました。
予告編は映画館で何度か見ていたんですけど、
何か重そうな映画に思えたのでスルーする事にしたんですけど、
偶然、他の映画のTBの時にこの映画の感想を見かけて
読ませてもらったんですけど、他の何人かのブロガーさんも
イマイチ難解そうでした。
行間を読めないと理解し難いんでしょうね!?(^_^;)
重い内容の映画は苦手です。(^^ゞ

ミストさん。お久しぶりです。
そうですね、重い内容のやや難解な映画でしょうね。最近のオスカー作品はこう言ったものが多いですね。オスカー作品だからそうなるのでしょうか。
悪い映画でもないとは思うのですが、皆に勧められる映画でもないような気がします。観客には「厳しい」映画ですね。もう少しメッセージ性をはっきり出してもいいのじゃないかなあ、とも思いました。

はじめまして。

貴ブログを拝見して、私がこの映画を見たときからの「なぜ」のアンサーが解き明かされているように感じ、敬服いたしました。

そして、私もなぜドイツ語で制作しなかったのか、その「なぜ」について、いろいろと思いを巡らしているところです。

TOMさん、ようこそお越し下さいました。
ネタバレさせてしまっているブログですが、映画を見られた方がきっといろんなレビューを読もうと思ってネットサーフィンするだろう、そういう方と映画について意見を交わせるといいなあ、と思っています。「なぜ」についての私の答えに賛同して下さり嬉しいです。
ドイツ語にしなかったのは、やはり始めにキャスティングありき、だったからなのかなあ、と思っていますが、いかがでしょうか。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/510100/45443017

この記事へのトラックバック一覧です: 愛を読むひと(The Reader):

« ナイロビの蜂(The Constant Gardener) | トップページ | スルース(Sleuth) »

2015年10月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

洋楽に関するおすすめブログ

おすすめ映画レビュー

無料ブログはココログ