フォト

映画タイトル別一覧

  • 映画タイトル別一覧
    外部HPに、当ブログの映画レビューの記事「映画タイトル別一覧」を作りました。

最近のトラックバック

« ジュノ(Juno) | トップページ | スラムドッグ・ミリオネア(Slumdog$Millionaire) »

2009/03/23

イエスマン "Yes"は人生のパスワード(Yes Man)

飛び降り自殺をしようとする人の前でJumper歌うとは、オソレイッタ!

332669view003  全ての質問にyesを言い続けるとどうなるか、と思い実践したというベストセラー本を題材にした映画。実話、というより、その本でのエピソードを所々使って創作した脚本なのでしょうね。上手くプロットを組み立てて、エンディングもきれいに(ちょっとお下品だけど)まとめてあるし、コメディーとして笑いの要素もたくさんあります。この手の、コメディ仕立てでテンポの良い、メリハリの利いた、ちょっと大げさな演技は、ジム・キャリーの十八番でしょうね。随所にちりばめられたギャグにアハハハと笑え、ラブ・ロマンスにときめき、危機一髪の場面にドキドキし、破局に心を痛め、ハッピーエンドに涙できて、心から楽しめる映画でした。

 いきなり、JourneyのSeparate Waysのイントロが流れ、何なんだ、と思わせるや否や、一発目のギャグ。それに続く、ジム演じる銀行マンのカールと親友ピーターの電話のやり取りも愉快。出だしから、飛ばしてくれます。

332669view012  カールの上司ノーマン(のちに、ノームと略されますが、、、)とのやり取りも笑いが止まりません。特に、ノーマン役のリス・ダービーの演技は最高です。イギリス風の発音するなあ、と思ったら、ニュージーランド出身で、イギリスで活躍した有名なTVコメディアンだそうで、表情・台詞の言い回し・動き、どれも見ているだけで笑えます。ハリー・ポッターの仮装パーティの場面は、笑いすぎて涙が出てきました。そのあとの、300(スリー・ハンドレッド)の仮装パーティも、もっと見せて欲しかったなあ。

 

ジムが韓国人店員と韓国語で話す場面は、ホロッと来ました。異国の地で慣れない仕事をしていると、妙にイライラし、そんな時違う国の人に自分の母国語(この場合は韓国語)で話しかけられると、心を許してしまう、と言う心境なんでしょうね。逆の立場ですが、オーストラリアで、韓国人の人と私の片言の韓国語で話しをした時、妙に心を通じ合えて、その方の将来設計まで話してもらったことがあるんです。その時の出来事と重なりました。思い出しながら、ホロッと来たんです。

332669view009 ドキドキしながら、笑えたのが、飛び降り自殺しようとした男に、Third Eye BlindのJumperと言う曲を歌って説得する場面。唄った歌がJumperなんですよ、飛び降り自殺志願者の前で! 歌詞の内容もぴったりで、
 I wish you would step back from that ledge my friend
(君がその絶壁から戻ってくれるといいんだけど)
You know you dont belong
(君は何のよりどころもないって思っているよね)
なんて歌い、
Well everyone I know has got a reason
To say "put the past away"
(誰だってこう言うさ、「過去は片づけちゃえ」って)
と、みんなで合唱
I would understand
(僕なら理解してあげられるよ)
と、見事に愉快に説得。本当に、自殺志願の人にこうして説得できたらいいなあ、と涙ながらに思えましたよ。

(歌詞の全訳はこちらをどうぞ ↓

http://blogs.yahoo.co.jp/hotel_zihuatanejo/26693860.html )

332669view005  もっとも、主要プロットである「Yesを言い続けると、未来が広がる」と言う点には、若干の疑問が残ります。yes言い続けてたら、そのうちマズイ場面もあるだろう、と、時にはNoも必要でしょう、と思いませんか。ただ、yesというのが、何事にも積極的に関わる、現実を受け入れて前向きに行動する、という姿勢を示す言葉(後半でyes manセミナーの男が言うのだが)と捕らえるなら、分からなくもないかな。現に職場には、新しい提案に何でも否定的な発言を繰り返す人たちも多いですからね。yesの姿勢で、前向きに、ということが人生に大切になってくるのかもしれませんね。
 でも、yesを言い続けたという原作本、ギャグという意味ではなく、どんな風に繋がっていったのか、興味津々だなあ。きっと映画よりも面白いんだろうなあ。原作読みたくなってきた!

 

 最後に、エンドクレジットが出てすぐに席を立っては行けませんよ。大きい文字で出演者名が出た後で、もう一場面ありますから。その場面で、もう一笑いして下さいね。

:::::::::::::::::::::::::::::::
 ちょっと追加です。 
 韓国語講座、イラン人花嫁、肥料工場への融資、パイロットライセンス、突然のフライト、と重なると=「テロリストの容疑」。FBIやCIAの捜査は、疑ってかかることから始まるものなのでしょうね。

« ジュノ(Juno) | トップページ | スラムドッグ・ミリオネア(Slumdog$Millionaire) »

映画」カテゴリの記事

コメント

Third Eye BlindのJumperを歌うシーンは、よかったですね。


John Clarkさん、
Jumperは日本ではそれほど話題になっていない曲なので、日本人には馴染みが薄いでしょうね。あの場面は、私が一番好きな所です。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/510100/44436289

この記事へのトラックバック一覧です: イエスマン "Yes"は人生のパスワード(Yes Man):

» ジャンパー/サード・アイ・ブラインド [洋楽訳詞ブログ The Cinema Show]
= Jumper / Third Eye Blind = == 飛び降りてしまった男 == {{{No.151}}}  ジム・キャリー主演の映画「イエスマン/Yesは人生のパスワード」を見た。人生でNoばかりを言ってきた男が、どんな質問にもYesを言い続けると人生が好転した、というコメディー。ジム・キャリーお得意のスラップスティック的ギャグも満載で、リアリティはないけど、ハートフルな映画だ。日々の生活や仕事に疲れた心を癒すには、ちょうどいい映画。  その映画の..... [続きを読む]

« ジュノ(Juno) | トップページ | スラムドッグ・ミリオネア(Slumdog$Millionaire) »

2015年10月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

洋楽に関するおすすめブログ

おすすめ映画レビュー

無料ブログはココログ