フォト

映画タイトル別一覧

  • 映画タイトル別一覧
    外部HPに、当ブログの映画レビューの記事「映画タイトル別一覧」を作りました。

最近のトラックバック

« ミスト(Mist) | トップページ | ダウト〜あるカトリック学校で〜(Doubt) »

2009/02/28

ベンジャミン・バトン 数奇な人生(The Curious Case of Benjamin Button)

「おくりびと」ベンジャミン&デイジー・・・ベンジャミンの数奇さと、デイジーの数奇さ

Benjaminbutton2  ベンジャミンの人生は、絶対にあり得ない話だ。だから、こんな話、子ども騙しだからバツなのか。
 ならば、逆にリアリティがあればマルなのか。

 否、である。
 是ならば、全てのタイムマシンストーリーはバツになるし、ドキュメンタリーや実話を元にした映画は全てマルになる。そんなことはない筈だ。だから、否、であると断言できる。
 映画はニュースではない。表現なのだ。どんな題材を用いて、何を表現するのか、それこそが映画に何を求められるものなのだ。ならば、何が表現されているか、を考えないと、映画の評価には当たらない。
 そういう視点で考えてみたい。

 ベンジャミンの人生はあり得ない話だ。タイムマシンではなく、自身が徐々に若返っていく、という設定。「数奇」というより、超自然、だ。あり得ない設定をあえて作ることで、「人生とはどういうものなのか、どのように構築されるものなのか」、そして、「人生の中で、どのように人の死を見届けるか」を伝えようとしている。そして、それは見事に表現されている、と思う。

Benjaminbutton3  ベンジャミンが人生を日記調で説明する中盤以降までのストーリー。老人で生まれる、という数奇な生を授かり、老人介護施設で育てられることから、否応なしに「死」を目の当たりにする。外見が老人であるため、施設の中で浮いた存在にならず、むしろ彼の目が第三者的となって、世の中を見ていく。
 毎朝、旗を掲げる元軍人。毎朝、オペラを歌う元歌手。彼にピアノを教えた女性。出会った人たちの死を目にしていく。
そうした「死」に対して、感情よりも叙述的要素が多い語り口。

 しかし、社会に出てマイク船長に出会い、そして彼の死を見届けたことで、叙述調から情感のこもった語り口に変わる。失うことの悲しみを、肌で感じ取ることとなる。アボット夫人との出会いと別れも、死ではなくとも、失うことの悲しみを体感することになる。そして、本当の父親の死、育ての母の死も、見とどける。様々な思いが交錯していく。

 また、死の見つめ方だけでなく、人生の操、もしくは、幸運と不運の人生分岐点を考えさせる映画でもあったと思う。
 映画の冒頭の、針を逆まわりさせた時計職人のエピソードと、デイジーがパリで交通事故に遭うエピソード。どちらも、「もし過去に戻れたら」ではなく、「時間が後戻りしたら」の視点である。タイムマシンのように戻るのではなく、徐々に逆回転させて、止める、やり直す、ことを夢見る。それは、人生をやり直すのではなく、どこで人生のボタンを掛け違えたのか、を探す旅なのだ。

  「俺は7回も雷に打たれた」と語る老人。実際、そういう人が実在したらしいが、それもまた数奇。本当の父親トーマス・バトンの経営する「バトンのボタン(Button's Button)」。何度も挟み込まれるこの2つのエピソードも、人生の操を感じさせてくれる。

Benjaminbutton1  ベンジャミンの人生に深く関わってきたデイジーの人生もまた数奇。愛すべき人がベンジャミンだと気付いたデイジーは、2人の人生がちょうどクロスした時から、ベンジャミンの数奇な人生を受け継ぐことになる。若返るベンジャミンに、老いていく自身。死に向かう自分が、ベンジャミンの最期を見届けることになる。数奇な彼の最期。それを目の当たりにすることこそ、本当の「数奇な人生」なのかもしれない。

 「おくりびと」がオスカーの外国語映画賞に輝いたが、この映画も一種の「おくりびと」なのかもしれない。

« ミスト(Mist) | トップページ | ダウト〜あるカトリック学校で〜(Doubt) »

映画」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/510100/44204158

この記事へのトラックバック一覧です: ベンジャミン・バトン 数奇な人生(The Curious Case of Benjamin Button):

« ミスト(Mist) | トップページ | ダウト〜あるカトリック学校で〜(Doubt) »

2015年10月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

洋楽に関するおすすめブログ

おすすめ映画レビュー

無料ブログはココログ