フォト

映画タイトル別一覧

  • 映画タイトル別一覧
    外部HPに、当ブログの映画レビューの記事「映画タイトル別一覧」を作りました。

最近のトラックバック

« チェ 28歳の革命(Che: Part One / The Argentine ) | トップページ | チェ 39歳 別れの手紙(Che Part2 Guerrilla) »

2009/01/31

レボリューショナリー・ロード/燃え尽きるまで(Revolutionary Road)

「価値観」を共有して、夫婦は幸せになれる

332137view001  ニューヨークの郊外コネチカット州、レボリューショナリー・ロード沿いに住む、50年代のアメリカ一般中流家庭。郊外からマンハッタンへ出勤する夫と専業主婦というスタンダードな家庭の姿。その夫婦が、日々変わらない生活からの脱却を目指し、まわりの一般的な家庭とは外れた行動を試みることで、崩壊していく。そして対照的に、隣に住む友人夫婦は、普通の暮らしで普通の幸せを育んでいく。
 問題提起、というか、アイロニー一杯のプロットは、夫婦の激しい感情のぶつかり合いと融和を経ながら、ひたすら暗く続く。それぞれに夢を抱いていた男女が、結婚後子どもをもうけ、現実的になるにつれ、気持ちのすれ違いや考え方の相違が浮かび上がってくる。そんな想いは、どんな夫婦にも共感できる部分があるだけに、心に重くずっしりと響く。「アメリカン・ビューティ」「ロード・トゥ・パーディション」のサム・メンデスらしいといえばそれまでだが、幸せな若いカップルが一緒に観賞するには辛いかもしれない。結婚後の理想や夢は幻想である、と、あまりにあっけなく、現実的に描きすぎているからだ。

 しかし、絶望的か、というとそうでもない。夢は砕かれることは確かだが、この映画のテーマである、夫婦のあり方への問題提起については、示唆に富んでいることも確かである。それに深く関わる場面をエンディング付近で見ることができる。

332137view014 (1)フランク夫妻が、精神的に病んでいるヘレンの息子ジョンと会う。パリ行きの話しに唯一理解を示したのが彼、というのも象徴的。ジョンが発した言葉、「今のこの生活に絶望(despair, hopelessness)を感じる、というのは自然なことだ」(とかいう内容だったと思うが)が、私たちにも突きつけられているようで、重く響く。普通の家庭の普通の生活は絶望なのか。

332137view012(2)エンディング近くの場面。フランクたちがいなくなり、新たに若いカップルがレボリューショナリー・ロードに越してきた。友人のキャンベル夫妻は、普通の家庭の普通の生活を送っている。彼らは幸せなのである。フランク夫妻、それにジョンと、彼らではどこに認識の違いがあるのか。
 不動産屋夫妻、妻のヘレンがフランク夫妻の話をする横で、夫は補聴器のボリュームを下げる。彼は、なぜ聞きたくなかったのか。

 この2つに、私はこう考えた。
 夫婦が幸せになるための条件は、どんな生活をするか、ではないのではないか。夢でも理想でもなく、共通な趣味でもなく、ましてや資産やお金でもない。

 

それは、「価値観」の問題なのだろう。

 平凡な暮らしでも、幸せを見つけるキャンベル夫妻は、その生き方に価値を見いだしているから、幸せなのだ。そこにhopelessness(絶望)などない。
 病を抱えた息子を持ち、悩んでいるが、それでも円満に暮らしている不動産屋夫婦。聞きたくないことは、聞かない。補聴器のボリュームを下げればいいのだ。それで、円満は保たれる。
332137view015  悲しいことに、フランク夫妻にはこれがなかった。お互いの意見を言い合うことはあった。パリへ行く、という考えを実行するのは価値観が一緒のように見えた。が、その想いは全く違った。フランクは、妻の申し出だから受けたのだ。エイプリルは夫の夢を、と言いつつ、自分の現状を打破したい想いが強かったのだ。移住への価値観は全く異なっていたといえる。

 翻って、わが家夫婦。趣味はバラバラ、子どもはいない、お互い長女に長男、将来は両方の親の面倒を見る可能性大。先行きは決して明るくない(?)夫婦だが、人に後ろ指さされない暮らしをしよう、夫婦であってもお互いに気を使う生活をしよう、今を大切に生きよう、という「価値観」の確認だけは怠らないようにしている。

 夫婦のあり方を考えさせる映画だった。


*****************************************************

 

 この他、台詞の少ない場面で印象的なシーンが多い。場面や映像の切り替えに、うならされた。たとえば、

その1
 フランク(レオナルド・デカプリオ)とエイプリル(ケイト・ウインスレット)が出会い、恋に落ちた。が、次の画面ではもう二人は結婚し子どもがいる、という状態になっている。結婚前後の、あの(?)わくわくした日々は一切出てこない。いきなり口喧嘩する場面だ。私は度肝を抜かれた。そんな映画があっていいものか、とうろたえた。メンデス監督は少しも容赦しない。観客、覚悟せよ、と言われているような気がした。

その2
 エイプリルがゴミ出しをしてふと顔をあげ、何かを想う姿。その目は、「私はこんな暮らしを望んでいたのだろうか」とでも言いたげ。その気持ちは一瞬で伝わる。台詞なんていらない、表情とカメラワークで分からせるのだ、という監督の意図を感じざるをえない。

その3
 不動産屋のヘレン(キャシー・ベイツ)が、フランクとエイプリルに、レボリューショナリー・ロード沿いの住宅地を案内する場面。その直前は、所得の低そうな雰囲気の家が建ち並んでいるが、レボリューショナリー・ロードにはいるとその景色は一転、広い敷地に大きな庭、その中央に建つお洒落な(可愛い)家々が並ぶ。2つの世界大戦後に経済発展を遂げ超大国となったアメリカの象徴とも言えるような生活が画面から伝わってくる。映画のタイトルがこの通り(street)の名前となっているのは、まさに、アメリカの経済発展を支えた中産階級の人たちの生活をテーマにしていることの象徴だろう。

その4
 前夜喧嘩をしたがため、誕生日の日に浮気をして帰宅したフランク。その彼を待っていたのが、家族の「ハッピーバースデー」の歓迎。フランクの表情に、後悔・懺悔の気持ちがみてとれる。自分に落ち度がある時の、暖かい、優しい対応ほど、心の重くのしかかることはない。

その5
 パリへ移住することをフランクたちから伝えられた友人のミリーとシェップのキャンベル夫妻。夫のシェップが、子どもたちに声をかけても子どもはみんなテレビ(など)に夢中で、返事をしない。そして、隣人のエイプリルを遠くから眺める。えっ、彼女に恋愛感情を持っていたの、と驚いた。台詞一切なし。でもわかる。

 台詞よりも、画面で見せる演出。サム・メンデス監督、あなたの手腕は凄い!

« チェ 28歳の革命(Che: Part One / The Argentine ) | トップページ | チェ 39歳 別れの手紙(Che Part2 Guerrilla) »

映画」カテゴリの記事

コメント

初めまして、こんばんは。
TBとコメントありがとうございました。
こちらからも相互リンクもさせて頂きますね。

こちらに書かれている感想、すごいですね!私はここまで書けるほど覚えていなかったりしますけど・・・(苦笑) これからもよろしくお願いします。

ミストさんの、レビューの視点も素敵ですよ。映画って、いろんな見方があるんだな、と思います。映画に何を求めているかをはっきりさせた上で「面白い」「つまらない」の判断をするのがスジだと思っていますから、どうしても眺めのレビューになってしまうんです。(だからこのブログ、人気ないのかな、、、)
これからもご贔屓によろしくお願いします。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/510100/43915671

この記事へのトラックバック一覧です: レボリューショナリー・ロード/燃え尽きるまで(Revolutionary Road):

» レボリューショナリー・ロード/燃え尽きるまで-★★★★- [not simple.]
11年ぶりのレオ様とウィンスレットの競演というのも話題でしたが、サム・メンデスの非常にどっしりした演出も評価が高いということで観にいってきました。 [続きを読む]

« チェ 28歳の革命(Che: Part One / The Argentine ) | トップページ | チェ 39歳 別れの手紙(Che Part2 Guerrilla) »

2015年10月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

洋楽に関するおすすめブログ

おすすめ映画レビュー

無料ブログはココログ