フォト

映画タイトル別一覧

  • 映画タイトル別一覧
    外部HPに、当ブログの映画レビューの記事「映画タイトル別一覧」を作りました。

最近のトラックバック

« ウォーリー(WALL-E) | トップページ | チェ 28歳の革命(Che: Part One / The Argentine ) »

2009/01/15

僕らのミライへ逆回転(Be Kind Rewind)

ハリウッド的映画製作に「逆回転」

Bekindrewind1  映画のリメイク版(Sweded)を勝手に作る、というふれ込みにひかれ、やっと近くの映画館で公開してくれたので鑑賞した。
 印象を一言でいえば、心温まるハートフルコメディ、といったところだ。
 Swededなんてことば、ないはずだけど、「スエーデン製(Swedish)」という意味で使われ、それがリメイク版という意味に転じ、youtubeのサイトにまで発展したそうなので、この映画に共感できた人が多いということなのだろう。納得。

 手作り感覚いっぱいの、リメイクというよりはパロディに近い映画作りは、どこか、高校や中学での文化祭の出し物的でほほ笑ましい。お金をかけないで、身の回りにあるもので、いかにそれっぽく見せるか、アイデア勝負という姿勢が、映画全編を通して感じられる。お金かかっていないな、というムードありありのところにこの映画の面白さがあると思う。

Bekindrewind2  ストーリーそのものはかなり無理がある。ツッコミどころ満載。たとえば、
(1)人間が高圧電流浴びてmagnetize〈電磁化する)なんて、ありえない。というより、死んでしまうだろ、そんなん! 
(2)いくら速攻でビデオ撮影といったって、わずか4時間足らずで20分ものを作るのは無理だよ。(経験からいっても)
(3)そんなんで作ったビデオが1泊レンタルで20ドル、って、そりゃボッタくりでしょ!
(4)「海賊版だ」と言われて処分されちゃったけど、海賊版とは不法コピーの製品のことじゃないのかい。不法な点というなら、パッケージを利用した、ということだけでしょ。

 ただ、そんなツッコミをいれながら、中盤過ぎまで観続けるのも悪くない。で、突っ込みたくなる俳優ジャック・ブラックを配しているのが何よりイイ。まわりを振り回す人物設定、彼以外に適役はいない。また、モス・デフの頼りなさ気な所も、ダニー・グローバーの枯れた雰囲気も、シガニー・ウイーバーの鋼鉄女振りも面白い。ミア・ファロー、随分老けちゃったなあ、60歳過ぎたんだ、と感慨深くなりながら後半ヘ。
 そして、この映画にぴったりの手作り感満載エンディングにむけての展開が待っている。街が生んだ伝説のミュージシャンFat Wallerの伝記映画を、フィクションも勝手に混ぜて、街の仲間で作ってしまおう、というもの。この発想は、いい意味でちょっと予想外で、面白かった。思いつきとハッタリとパロディでスタートした映画作りが、ハートフルで本格的な映画作りに発展するのだから。もちろん、本格的といっても、取り組む姿勢のことであり、作り方はありあわせの道具を用いて、アイデア勝負であることは変わりがないので、この映画の「手作り感覚」が上手く発展している、という意味である。最後まで手作り感を残し続けたプロットに、拍手。

Bekindrewind3  ところで、タイトルBe Kind Rewindは、舞台となったレンタルショップの名前だが、「巻き戻しは丁寧にね」「返却時は巻き戻してね」といった意味かな。邦題にある「逆回転」はちょっと違う、と初めは思ったけれど、ハリウッド的映画作りに対して、手作り感満載の映画作りは、時代に「逆回転」という意味なのかも。

« ウォーリー(WALL-E) | トップページ | チェ 28歳の革命(Che: Part One / The Argentine ) »

映画」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/510100/43750557

この記事へのトラックバック一覧です: 僕らのミライへ逆回転(Be Kind Rewind):

« ウォーリー(WALL-E) | トップページ | チェ 28歳の革命(Che: Part One / The Argentine ) »

2015年10月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

洋楽に関するおすすめブログ

おすすめ映画レビュー

無料ブログはココログ