フォト

映画タイトル別一覧

  • 映画タイトル別一覧
    外部HPに、当ブログの映画レビューの記事「映画タイトル別一覧」を作りました。

最近のトラックバック

« ボーダータウン 報道されない殺人者(Bordertown) | トップページ | ワールド・オブ・ライズ(Body Of Lies) »

2008/12/04

潜水服は蝶の夢を見る(Le Scaphandre Et Le Papillon)

「静」の中に「生」がある。生きることへの渇望溢れる映画だ

Scaphandre1  まず、意味深なタイトル。原題は何だろう、日本語のタイトルは日本の配給会社の創作なのか。よくみたら、原題は「潜水服と蝶」。やはり潜水服なんだ。どういうことなんだろう。これが、この映画に興味を惹かれた理由だった。地方の田舎都市では公開されるはずもなく、DVD鑑賞となる。

 結論からいうと、「観て良かった!」。

 理由その1
 働き盛りの男が、 突然の脳梗塞で倒れて体が不自由になり、しゃべることもできず、目をまばたきすることしかできなる、という実話。だが、決して「お涙ちょうだい」風に仕上がっているのではなく、生きる、とはどういうことなのか、を私たちに投げかけている。脳梗塞に倒れた後、(おそらく記憶が飛んでいるのだろうが)徐々に自分の状況が飲み込めていく過程が、すべて本人目線で語られていく。また、本人目線でカメラが動くので、ベッドに横たわる、車イスで動く時の視界を観客も疑似体験することになる。
Scaphandre2  不安感を通り超えた絶望感、虚無感が台詞(もちろん心の中の呟き)の端々に伺えるが、彼らしい(人間らしい、というか、男らしい)気持ちを表す台詞も垣間見える。例えば、若い女性言語療法士との対面での「美しい。おお、ここは天国か」の言葉は、身体の自由が利かない人とは思えない、欲望のみなぎったものであり、まさに「生きている」という感覚である。また、サッカー中継をテレビで観ていたのに途中で看護士にスイッチを消されてしまった時の、彼への罵倒のことばは、体が不自由になったことを微塵も感じさせない、ごく自然な感情表現だ。ごく普通に生きている人となんら変わらない、全てが自然なことばなのだ。だからこそ、「生きている」実感が主人公から感じられるのだ。人間らしさ、と言い換えてもいい。時折、動かない主人公を外からのカメラワークで捕らえるのだが、そこには「生きている」男がいるのがはっきり分かる。「静」の中にも「生」があるのだ。

理由その2
 その男が、夢を見る。そう、タイトル通りの夢を。潜水服の夢は、海中で思うように動けない姿が、身動きが取れない病床の自分と重なり、いわば絶望感の表れ。そして、さなぎから大空へ飛び立つ蝶に、夢や目標を持って生きたいという願いを重ね合わせる。絶望感から躍動感への転換への象徴。それが、生きることへの渇望を私たちにも与えてくれる。主人公が長年暖めてきた、本の執筆の願望。それをまばたきだけでライターに伝え、代筆してもらう姿は、どんな状況でも生きることへの渇望をなくしてはいけないということを私たちに教えてくれるのだ。生き抜くこと、それが大切なのだ。
Scaphandre3  そういう点では、全身不随となり呼吸器を付けた主人公が登場する映画「ミリオン・ダラー・ベイビー」の人生観とは明らかに一線を画するであろう。私は、生へのあくなき欲望を見せるこの映画の主人公の方が好きだ。

理由その3
 カメラワークと音楽の使い方に唸った。カメラが、不随になった男の目線で動いている。映画「クローバーフィールド」のように、登場人物が持つハンディカメラ、というウソ臭い演出でなく、目そのものがカメラとなっているので、自然と主人公に感情移入できる。時折、第三者的に外からのカメラワークにも切り変わるので、一方向の視線ではなくなり、マンネリ化も避けられている。特に後半はストーリーをまとめるために外から目線が多くなり、効果的だ。
 また、主人公の夢や過去・思い出、と現実をしっかり区別するために、音楽がうまく使われている。現実では、部屋や廊下での物音、自然の音、など、叙情的な音楽は一切流れない。が、夢や思い出では、楽しい音楽、ムード溢れる音楽、と様々に使われている。そして、曲の途中であろうが無造作に音楽が断ち切られ、現実へと戻っていく。 実に効果的だ。

 辛い現実の中で、人間らしさを忘れず、生きることへの渇望をなくさず、可能な限りのことをして、本の執筆という夢を実現させる主人公。決してハッピーエンドではないかもしれないが、生きることの素晴らしさを伝えてくれたこの映画に感謝したい。

« ボーダータウン 報道されない殺人者(Bordertown) | トップページ | ワールド・オブ・ライズ(Body Of Lies) »

映画」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/510100/43320832

この記事へのトラックバック一覧です: 潜水服は蝶の夢を見る(Le Scaphandre Et Le Papillon):

« ボーダータウン 報道されない殺人者(Bordertown) | トップページ | ワールド・オブ・ライズ(Body Of Lies) »

2015年10月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

洋楽に関するおすすめブログ

おすすめ映画レビュー

無料ブログはココログ