フォト

映画タイトル別一覧

  • 映画タイトル別一覧
    外部HPに、当ブログの映画レビューの記事「映画タイトル別一覧」を作りました。

最近のトラックバック

« ワールド・オブ・ライズ(Body Of Lies) | トップページ | マンマ・ミーア(Mamma Mia) »

2008/12/27

サラエボの花(Grbavica)

邦題「サラエボの花」の意味とは

Grbavica  92年から95年にかけて起こったボスニア内戦。新ユーゴスラビアから分離独立したボスニア・ヘルツェゴビナに対し、セルビア人勢力が武力攻撃したことで、NATOの空爆などもあったこの内戦の最前線は、84年に冬季オリンピックが開かれたサラエボ。そのサラエボを舞台にした、ボスニア内戦後の1組の母と娘のお話し。原題Grbavicaとは、サラエボの中心地で、もっとも激しい戦闘が行われた地区だそうだ。

 この内戦のことがわからないとストーリーはついていけないか、というと実はそうでもない。内戦そのものではなく、内戦によって身も心も傷ついたエスマとその一人娘サラの親子関係の亀裂と修復がこの映画のテーマ。台詞を丹念に聞いて(読んで)いけば、難しいことばも理解できるはずだ。たとえば、シャヒードは殉死者、と表示されるので、戦闘によって亡くなった兵士であろうと推測でき、チェトニク兵士と言うことばも憎しみを込めてエスマが語るので、内戦での敵対兵士であろう、とわかる。(チェトニク兵士とは独立に反対したセルビア人兵士のことを指している。)エスマが兵士を見る表情から、過去にチェトニク兵士に関して何か秘密があることが容易に推測できる。
Grbavica2 また、ボスニア内戦の戦闘場面が回想といった形でも一切出てこないが、破壊され廃虚と化したビルや、かつて建物があったと思われる瓦礫の山が画面に映ることで、戦闘後の街の生活の苦しさは伝わってくるはずだ。手が込んでいるわけではないが、理解するのに時間がかかるわけでもない。そこがこの映画を数々の賞に輝かせた一つの理由なのかもしれない。

 映画の後半、エスマの衝撃の過去(といっても、ストーリーを追えば容易に推測できるが)がエスマの口からサラに伝えられる場面では、鳥肌の立つくらい2人の迫真の演技に心を打たれた。親子関係の亀裂の最大の場面にして、修復へのスタート。

 そして、その後、女性たちのセラピーの集会でエスマが自らの苦しみと、娘サラへの並々ならぬ愛情を語る。そしてそこで他の参加者が唄った歌が涙を誘う。

「砂漠にも花は咲く
 それは私たちの幻想の楽園

 私の血と涙がにじんでいる
 赤いバラ、心の中に」

Grbavica3  内戦によってもたらされたエスマに起こった悲劇。それが砂漠とするならば、そのエスマにとって、咲いた花はまさに、一人娘のサラ。邦題「サラエボの花」とは、エスマにとってのサラ、だったのだ。この邦題を付けた日本の配給会社の人に、拍手。英語のタイトルTHE LAND OF MY DREAMS(夢の地)も、歌詞の途中にある「私(たち)の幻想の楽園」の意味を込め、意味深ではあるが、この映画の本当のメッセージは砂漠に咲いた花そのものである、とストレートに表現した邦題に、賛成。

« ワールド・オブ・ライズ(Body Of Lies) | トップページ | マンマ・ミーア(Mamma Mia) »

映画」カテゴリの記事

コメント

とても魅力的な記事でした。
また遊びに来ます!!

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/510100/43547542

この記事へのトラックバック一覧です: サラエボの花(Grbavica):

« ワールド・オブ・ライズ(Body Of Lies) | トップページ | マンマ・ミーア(Mamma Mia) »

2015年10月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

洋楽に関するおすすめブログ

おすすめ映画レビュー

無料ブログはココログ