フォト

映画タイトル別一覧

  • 映画タイトル別一覧
    外部HPに、当ブログの映画レビューの記事「映画タイトル別一覧」を作りました。

最近のトラックバック

« ジェシー・ジェームズの暗殺(The Assassination Of Jesse James By The Coward Robert Ford) | トップページ | ボーダータウン 報道されない殺人者(Bordertown) »

2008/11/27

トロピック・サンダー/史上最低の作戦(Tropic Thunder)

偽予告編最高、小ネタ満載も悪くない。でもグロいのは勘弁して欲しいなあ。

330880view001  以前に「アメリカ風コメディとイギリス風コメディの違い」という題で「ゲット・スマート」のレビューを書いたことがあるが、この映画はまさにアメリカ風コメディの典型だろう。私の好みではないが、戦争映画を作るのに本当の戦争に巻き込まれる、という予告編や広告に関心が湧き、鑑賞することにした。それこそ、軽い気持ちで、疲れた身体をおバカな笑いで癒そうと思って。

 で、冒頭でまずバカ笑いさせてもらった。題でF***, A**満載のラップでウソ商品の宣伝、そんな単語連発のCMなんかあるわけないだろ、とまずクスっと笑う。次に、ヒーローものを完璧におちょくったウソ映画予告編。「人類を救えるか、いや救えるに決まっている」に、また小笑い。続けて、オナラ連発のウソ映画予告編で、Part 2でなくてFart 2(fartは「おなら」の意)は、下品すぎだが、あまりにお見事で、声を出して笑ってしまった。同性愛の牧師を描いた映画の偽予告編、と続き、かなりブラックで、皮肉たっぷり。(キリスト教保守派が同性愛を認めていない) かなり挑発的で、イギリス式ブラックユーモアにも通じると、笑いを越えて、感心してしまった。あまりに良くできた偽映画予告編、完成度高く、ジョークも皮肉もたっぷりで、この後かなり期待持てそうだ、と感じた。

 映画の本編が始まり、早速「地獄の黙示録」や「プラトーン」のパロディっぽい場面が登場し、この後どうおちょくってくれるのかな、と楽しみになってきた。というところで、いきなりグロいギャグ。ダメなんだ私、リアルなこの手のグロさは。ちょっと、引きかける。
 そこへ、大仕掛けの爆発ロケ、となり、「ああ、予算かけているんだ、ハリウッドだね」と思い始めたあたりから興味・関心は徐々に映画そのものから、細かいネタ探しへと変わっていった。
 とどめは、予告編でもちらりと出てくる場面。グロさ満載の場面は、画面が直視できなかった。まさか、そうだったのか、と映画を見にきたことを後悔。もうこれ以上は勘弁してくれ、と泣きたくなる気分。でも、最後まで見るだけは見よう、と心に決める。

330880view002  この後は、まあ、拘束され、救出に向かい、、、、とまあ予想通りの展開。本人たちが本当の戦闘に巻き込まれる、ということに(1人を除いて)すぐに気付くので、ストーリー展開や設定の面白さはもう半減(以上)。完全に、小ネタ探しのみに関心はいく。

 ということで、気に入った小ネタをいくつか紹介。

(1)役になり切るために肌の色を変えたオスカー俳優(ロバート・ダウニー・Jr)が、アクションスター(ベン・スティーラー)が芸域を広げるために挑戦した映画「シンプル・ジャック」(「アイ・アム・サム」の牧場編?)での演技に、「あまりに、そのままを演じすぎた。レインマンのダスティホフマンも、フォレストガンプのトムハンクスも、どこか才能を秘めている役柄を演じ、オスカーを受賞したが、アイ・アム・サムのショーン・ペンはダメだったろ。」と評する場面に、唸らされた。

(2)アルパ・チーノ(下らなすぎる役名。でもこういうのは大好き)が、表向きにはI love pussy(女とヤルのが大好き、という意)と歌っているが、実はゲイだということ。その名前が、ランス。元イン・シンクのランス・ベースを思い浮かべたら、案の定ラストで登場。上手い!

(3)オナラ喜劇俳優(ジャック・ブラック)が持っていたジェリービーンズの袋の中味、どうみても粉っぽいなあ、と思ったら案の定。

(4)最後のアカデミー授賞式映画のタイトルがTropic Thunderでなく、Tropic Blunder(blunderはヘマ、大失敗の意)となっていたのには笑えた。

(5)トム・クルーズの登場は、本当に度肝を抜かれた。(ネタバレはやめますね)

 で、結論は、笑いで癒されることはなく、グロさが頭から抜けず、ちょっと口直しが必要、という印象。万人にはお勧めできない映画、グロいのが大丈夫な人だけ鑑賞可。また、劇場で観るより、DVD鑑賞をお勧め。止めたり戻したりして、小ネタ探しするのが一番いい。

« ジェシー・ジェームズの暗殺(The Assassination Of Jesse James By The Coward Robert Ford) | トップページ | ボーダータウン 報道されない殺人者(Bordertown) »

映画」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/510100/43247579

この記事へのトラックバック一覧です: トロピック・サンダー/史上最低の作戦(Tropic Thunder):

« ジェシー・ジェームズの暗殺(The Assassination Of Jesse James By The Coward Robert Ford) | トップページ | ボーダータウン 報道されない殺人者(Bordertown) »

2015年10月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

洋楽に関するおすすめブログ

おすすめ映画レビュー

無料ブログはココログ