フォト

映画タイトル別一覧

  • 映画タイトル別一覧
    外部HPに、当ブログの映画レビューの記事「映画タイトル別一覧」を作りました。

最近のトラックバック

« 2008年10月 | トップページ | 2008年12月 »

2008年11月

2008/11/30

ボーダータウン 報道されない殺人者(Bordertown)

グローバル化がもたらすもの

331103_01_02_02  世間に知られていない事実を、ドキュメンタリーではなく、フィクションのストーリーで社会に訴えるタイプの映画。ドキュメンタリーでも原作本があるわけでもなく、実在の登場人物を使ってるのでもない。となると、かなり無理のある展開になるのか、と思っていたら、そうではなかった。プロットもよく練られ、登場人物の心理描写も巧みであった。そして何よりも、この事件が起こる問題点を鮮明に浮かび上がらせている。映画製作者の良心と意気込みに感服した。

 場所はアメリカとの国境に位置するメキシコの町ホアレス。その町で10年以上にわたって実際に起こっていて、400人以上の被害者がいる婦女暴行連続殺人事件がモチーフ。

 まず、メキシコ出身のアメリカ女性記者(ジェニファー・ロペス)という主人公の設定。メキシコ出身を隠している(というか、隠したいと思っている)彼女が、仕事のキャリアをつけるために引き受けた取材だったが、事件の真相に触れるうちに、徐々に自分のアイデンティティに目覚めていく。その演出、またジェニファーの演技も、その心境の変化を上手く表現していたのではないか。主人公の人物設定がこの映画にピッタリとはまっていると感じた。
331103_01_01_02 特に、髪の色に関しての演出に唸った。黒い髪をブロンドに染めていた彼女が、メキシコ人工員として工場に潜入するために黒い髪に戻し、その潜入取材中に犯人に襲われるも逃げ切った後で、もう一度ブロンドに染めようとして、思いとどまる場面がある。過去の自分と決別しようとする時、髪を切る、髪を染める、ということはよくあるだろう。しかし、黒い髪はラティーノの象徴。黒髪に戻すことで、メキシカンとしての自我を取り戻す彼女がそこにいた。そう、髪の色、目の色、肌の色、これらは全て自分の生まれながらのもの、自己のアイデンティティに繋がるものなのだ。それまでは、どこか仕事上という雰囲気がなくもなかった彼女の行動振りが、このあたりから信念からの行動へと変貌していく。自身も被害者になる寸前だった彼女が、事件の被害者と自分をオーバーラップしてくのは自然な流れだが、髪の色を利用して、その心境の転換を際立たせたのは見事だった。

 地元の反政府系新聞社の編集長(アントニオ・バンデラス)との関係は、映画の中ではほとんど語られないが、かつては恋仲であったことは表情やちょっとした会話の中から容易に推測できる。これについては、本筋では大きな意味を持たないので、あまり深入りせずに正解だろう。最初は、彼女の上昇志向に対して露骨な嫌悪を示した彼だが、彼女の心境変化を見るにつれ、最大の協力をするという流れも自然である。
331103_01_03_02  そして、何より、被害から奇跡的に生還した少女(マヤ・サパタ)の表情が驚愕である。フラッシュバックで何度も自分が襲われる悪夢にうなされ、不安と恐怖、そして加害者への憎悪感。これらが入り交じる感情というのは表現は難しいだろうが、その演技は見事というほかない。実際に起こっているこの事件で、何より救われなければならないのは彼女を始めとした女の子達なのだだ、ということを強く印象づけてくれた。

 この映画において鮮明となった問題点に触れておかなければならない。それは、警察と企業トップ、政府といった権力者たちの癒着と腐敗、なのだろうが、私はそれに留まるとは思っていない。
 今、世間では「グローバル化」と言われている。これがくせ者なのだ。グローバル化とは何か。それは、モノの製造や流通などの経済の仕組みが国境を越えているということ。すでに、全て日本製の電化製品(や自動車製品、化学製品)はなきに等しい。アメリカも同様。部品のどこかは中国製であり、東南アジア製、メキシコ製、中南米製であり、全て海外製であり、ブランドだけが日本・アメリカであるのだ。メキシコの町ホアレスは、その生産拠点である。そしてその製品が、自由貿易の名のもと、世界各地に流れる。

 では、そのグローバル化によって一番の恩恵を受けているのは誰なのか。仕事のない国に工場を建てることは、一種の雇用創生と思うかもしれないが、低賃金で最悪な労働条件の中で働く東南アジアや中南米の国の人々に乗っかって、安い製品を手にするのは先進国に住む私たちなのだ。そして、多くの利益を生むのはグローバル化によって多国籍化した企業だ。

 この映画は、企業のグローバル化による貧富の差が、さまざまなひずみを生み出していることへの警鐘でもある、と私は感じた。
 ならば、私たちはどうすればいいのか。ひたすら利益のみを追求するのではなく、勝ち組になることを目標にするのではなく、皆が共存できる社会を構築する時ではないだろうか。できることは、まず自分たちの足下からでいい。景気不安になるとすぐに、期間労働者や派遣工をクビにする社会(企業)体質を改善させる時ではないか。

2008/11/27

トロピック・サンダー/史上最低の作戦(Tropic Thunder)

偽予告編最高、小ネタ満載も悪くない。でもグロいのは勘弁して欲しいなあ。

330880view001  以前に「アメリカ風コメディとイギリス風コメディの違い」という題で「ゲット・スマート」のレビューを書いたことがあるが、この映画はまさにアメリカ風コメディの典型だろう。私の好みではないが、戦争映画を作るのに本当の戦争に巻き込まれる、という予告編や広告に関心が湧き、鑑賞することにした。それこそ、軽い気持ちで、疲れた身体をおバカな笑いで癒そうと思って。

 で、冒頭でまずバカ笑いさせてもらった。題でF***, A**満載のラップでウソ商品の宣伝、そんな単語連発のCMなんかあるわけないだろ、とまずクスっと笑う。次に、ヒーローものを完璧におちょくったウソ映画予告編。「人類を救えるか、いや救えるに決まっている」に、また小笑い。続けて、オナラ連発のウソ映画予告編で、Part 2でなくてFart 2(fartは「おなら」の意)は、下品すぎだが、あまりにお見事で、声を出して笑ってしまった。同性愛の牧師を描いた映画の偽予告編、と続き、かなりブラックで、皮肉たっぷり。(キリスト教保守派が同性愛を認めていない) かなり挑発的で、イギリス式ブラックユーモアにも通じると、笑いを越えて、感心してしまった。あまりに良くできた偽映画予告編、完成度高く、ジョークも皮肉もたっぷりで、この後かなり期待持てそうだ、と感じた。

 映画の本編が始まり、早速「地獄の黙示録」や「プラトーン」のパロディっぽい場面が登場し、この後どうおちょくってくれるのかな、と楽しみになってきた。というところで、いきなりグロいギャグ。ダメなんだ私、リアルなこの手のグロさは。ちょっと、引きかける。
 そこへ、大仕掛けの爆発ロケ、となり、「ああ、予算かけているんだ、ハリウッドだね」と思い始めたあたりから興味・関心は徐々に映画そのものから、細かいネタ探しへと変わっていった。
 とどめは、予告編でもちらりと出てくる場面。グロさ満載の場面は、画面が直視できなかった。まさか、そうだったのか、と映画を見にきたことを後悔。もうこれ以上は勘弁してくれ、と泣きたくなる気分。でも、最後まで見るだけは見よう、と心に決める。

330880view002  この後は、まあ、拘束され、救出に向かい、、、、とまあ予想通りの展開。本人たちが本当の戦闘に巻き込まれる、ということに(1人を除いて)すぐに気付くので、ストーリー展開や設定の面白さはもう半減(以上)。完全に、小ネタ探しのみに関心はいく。

 ということで、気に入った小ネタをいくつか紹介。

(1)役になり切るために肌の色を変えたオスカー俳優(ロバート・ダウニー・Jr)が、アクションスター(ベン・スティーラー)が芸域を広げるために挑戦した映画「シンプル・ジャック」(「アイ・アム・サム」の牧場編?)での演技に、「あまりに、そのままを演じすぎた。レインマンのダスティホフマンも、フォレストガンプのトムハンクスも、どこか才能を秘めている役柄を演じ、オスカーを受賞したが、アイ・アム・サムのショーン・ペンはダメだったろ。」と評する場面に、唸らされた。

(2)アルパ・チーノ(下らなすぎる役名。でもこういうのは大好き)が、表向きにはI love pussy(女とヤルのが大好き、という意)と歌っているが、実はゲイだということ。その名前が、ランス。元イン・シンクのランス・ベースを思い浮かべたら、案の定ラストで登場。上手い!

(3)オナラ喜劇俳優(ジャック・ブラック)が持っていたジェリービーンズの袋の中味、どうみても粉っぽいなあ、と思ったら案の定。

(4)最後のアカデミー授賞式映画のタイトルがTropic Thunderでなく、Tropic Blunder(blunderはヘマ、大失敗の意)となっていたのには笑えた。

(5)トム・クルーズの登場は、本当に度肝を抜かれた。(ネタバレはやめますね)

 で、結論は、笑いで癒されることはなく、グロさが頭から抜けず、ちょっと口直しが必要、という印象。万人にはお勧めできない映画、グロいのが大丈夫な人だけ鑑賞可。また、劇場で観るより、DVD鑑賞をお勧め。止めたり戻したりして、小ネタ探しするのが一番いい。

2008/11/16

ジェシー・ジェームズの暗殺(The Assassination Of Jesse James By The Coward Robert Ford)

ジェシーとボブの姿はアメリカそのもの・・・そしてチャーリーは日本

328547_01_01_02 2時間40分の大作だが、タイトルから、また、事実に基づいたストーリーであることから 、結末は予想できる範囲。よって、結末にいたるまでのストーリー展開や人物描写、心理描写に注目しながら鑑賞した。

 まず、ストーリー展開。
 長編の割には、シンプルな流れ。列車強盗団とその逃亡、仲間割れからの殺人。登場人物も、ギャングのボスにその手下たちと、それを取り巻く人々、という明瞭な設定。だから、一つ一つのエピソードの登場人物を丹念に記憶していなくとも、だいたい問題なくストーリーを把握できる。神経を集中することなく見続けられたのはよかった。

 次に、人物描写。
 強盗団のボス、ジェシー・ジェームズ(ブラッド・ピット)と、彼を暗殺する若者、ロバート・フォード(ケイシー・アフレック)通称ボブ。この2人の人物像は非常に分かりやすく描かれていたと思う。ジェシーは、常に冷静さを失わず、計画性高く、判断力に優れ、時には冷酷に、時には情緒たっぷりに振る舞う。家に帰ればよきパパであり、よき夫であり、孤独を誰よりも恐れる者。怖さと優しさ、強さと弱さの同居する人物像。単なる極悪非道な人物でなく、権力にたて突く男として、庶民にはヒーロー的な存在でもあるようにも描かれている。
 対するボブは、褒められたい、認められたいと思う若者。臆病だ、子どもだ、と馬鹿にされてきたので、自分を強く見せたいという気持ちが人一倍強い。それゆえ、ジェシーのような聡明さと強さに人間的な魅力を感じ、理想の、憧れの人物像として、ヒーローと崇める。
 ジェシーは天才肌で人間味溢れる人物、ボブは凡人で気が弱くやたら威勢を張る人物。好対照で人物設定。これも分かりやすい。

 では、心理描写はどうか。
 この映画の秀逸な点は、この心理描写の巧みさであろう。
 まず、ジェシー。たくましい、賢い、といった表面上のイメージとは裏腹に、孤独を嫌い、常に脅えを持っている。自分が疎外されることを嫌う場面として、ボブとチャーリーの兄弟と組み始めた時に、「俺のいない所で2人で話すのはやめろ」と命じる場面が出てくる。隠し事への執着と恐怖心は、実は寂しい心の現れに他ならないのだ。かつての仲間達を訪ねて回るのも、同じ精神構造だ。常にコンタクトをとらないと不安で仕方がない。携帯電話やメールで常に誰かと繋がってないと不安な、現代の日本の若者も同じだろう。人間の弱さ、と言ってしまえばそれまでだが、悪党の中にあるその心理が、何とも言えない人間味を感じる。
328547_01_03_02 そしてボブ。彼の心境の変化は、劇的だ。ヒーロー視していたジェシーの生の姿に触れるにつれ、彼の心の中で抱いていたジェシー像と本人の違いに気付くようになり、虚構であると悟る。自分が求めるのは今のジェシーではない、と言う思いが、ジェシーへの憎しみヘと変わる。
 「お前は俺のようになりたいのか。それとも俺になりたいのか。」と、ジェシーがボブに問う場面がある。この問いこそ、ボブの心にグサリとささる言葉だっただろう。昔は「彼のようになりたい」のだったが、「彼に取って代わりたい」と心が変貌するのだ。強盗団のボスになる、と言う意味でなく、皆から認められる、ヒーロー視される男になりたい、という意味である。
 そして殺される前に殺すことになる。世紀の悪党を倒し称賛されると思ったが、称賛どころか、coward(憶病者)と罵られる。全く想像していなかった扱いを受けるが、その事実が受けとめられない。徐々に、病的な表情に変わっていく姿は、哀れであった。
 ここで、思った。これは、ジョン・レノンと、彼を暗殺したマーク・チャップマンとの関係に似てはしないか、と。心の中でストンと理解できたような気がした。

328547_03_01_02  そして、2人に共通する心理として、現代のアメリカにも脈々と続いてきている、ある意味病的なものを感じとれるのだ。それは、人を疑う、と言う精神構造。あいつは俺を殺そうとしているのではないか、何か隠しているのではないか、と疑うことから始まる心理。自分を守るためには、撃たれる前に撃つのだ。ジェシーが元の仲間を殺してしまうことも、ディックとウッドの仲間割れも、そしてボブによるジェシーの殺害もすべて、このような同じ心理の元でなされている。そしてそれは、アメリカがこれまでに経験してきた戦争にすべて関わっている。太平洋戦争で日本軍に先制攻撃されたことに今でも悔恨の念を持っているし、キューバ危機もベトナム戦争も、イラク攻撃も同じ精神構造だと言ってよい。
 この映画を見て、現代アメリカがとる政策の本質を見た気がした。そして今アメリカは、自身はジェシーだと思っているが、周りからはボブだと思われているのではないか。アメリカにとっては悲しいことなのだが。

 最後に、ボブの兄チャーリー(サム・ロックウエル)に触れておく。頭の回転は悪そうで、無教養で、単純で、下品に笑う。ただ、人を疑うことはあまりしていない。現実やその場の状況に流れ、行動している。そして、後悔する。一番人間味溢れていたのは彼ではなかったろうか。
 そして、アメリカにひたすらに追従する日本の姿と重なって見えた。

2008/11/02

P.S. アイラヴユー(P.S. I Love You)

フフッと笑わせてくれるけど、、、
 笑わぬキャシー・ベイツに敵う俳優はいない

Psiloveyou1  ベストセラーの映画化はたいてい原作の方が面白い、というのが相場。だから映画を見てから原作を読むタイプの私。(でないと、映画に満足できないから) これも、映画が面白かったら原作を読もう、と映画館に向かう。
 ベタな2人の主人公の喧嘩から始まったストーリー。やっぱりかな、と思ったら、コメディタッチで細かく「フフッ」と笑わせてくれる。決して「アハハハ」ではなく、「フフッ」程。でもこれがスパイスが効いていてよかった。言い合いで、「何とかが何とかで、、、、」とまあ、英語ではsomethingばかり出てくる言い訳にまず、「フフッ」。喧嘩のおしまいには、ジェリーのアイルランド訛りのKiss me assに、アメリカ風のKiss my assとやり返すホリー。これにも、「フフッ」。
Psiloveyou2  すると、突然ジェリーの死。一気にここまでストーリーは進むのか、と驚いた。亡くなるまでのお涙ちょうだいストーリーは一切なし。逆によいかもね。ジェリーの葬儀の映像すらなく、夜のお別れ会に。牧師さん(?)の、真面目な顔して俗語をしゃべるのもよかったが、ここではホリーの友人デニースのキャラが独走状態。男の品定め方に、最大の「フフッ」が吹き出す。「独身?」「ゲイ?」「仕事は?」の質問攻勢とその返事の後の反応に、周りの席の人たちも同じく「フフッ」と笑うのが聞こえた。デニースのキャラ設定は完璧。まあ、アイルランド人は遊び人で酒好きで歌好きで定職につかずゲイが多い、なんて偏見だろうが、こういうジョークは罪作りだが楽しめる。ニューヨークはもともとアイルランド系が多い筈なので、自虐的ですらある。映画前半のコメディタッチは、お国柄のジョークを楽しめた。思っていたより、イイ演出だなあ。

 では、亡くなったジェリーから手紙が徐々に届く、というこの映画の主要プロットはどうか、というと、正直言って、「フムフム、そうだろね」という印象しかない。内容も驚くものではないし、手紙の登場の仕方もまあ予想通り。誰がその手紙の送付に手を貸しているか、という最後の種明かしが楽しみなだけだった。

 そして、アイルランド旅行へ。アイルランドの景色は素敵だった。広がる平原、冷たくも透き通る湖水、決して高くはないが、壮大に見える山々。イギリスの湖水地方と双璧の絶景。ホリーを始めとした都会に住む人間が、心奪われるのはもっともだろう。ただ、One night affairはストーリーには無意味だったと思うが。
Psiloveyou3  そして最後に、種明かしの場面。母親から最後の手紙を受け取る場面、そして母親が語りかける場面に感動した。本来はゆるぎない夫婦愛、そして、悲しみから一歩を踏み出す女性の姿を描くお話しの筈だろうが、最後は親子の愛にも繋がった。ここで終わってくれたら、、、と私は思ったのだが、話は続いた。ちょっと拍子抜けの気分。

 主人公の2人を演じたヒラリー・スワンク(ホリー)と、ジェラルド・バトラー(ジェリー)は、分かりやすいキャラ設定で、演技も彼ららしい。リサ・クドロー(デニース)も適役。むしろ彼らよりも光っていたのが、ホリーの母役のキャシー・ベイツと、彼女の店で働くダニエル役のハリー・コニック・Jr。笑わない母親、笑わないダニエル。その表情の裏に何か深い思いが見え隠れする。そんな表情の2人。最初の登場から、2人の存在感は際立っていた。私が最後まで映画に集中できたのも、この2人の動きに目が離せなかったからだ。

 率直に言って、愛する夫を亡くしたホリーの悲しみの描き方があまりにも単純すぎて、本筋の部分では楽しめなかった。だから、上記のような、本筋とはちょっと離れた点に目がいってしまったのだろう。主人公よりもわき役の2人に目がいってしまったのだろう。

 原作はウィキペディアによると主人公の2人ともがアイルランド人という設定で、ホリーがシャローンたちと旅するのがスペインだとのこと。映画で気に入ったのが、アイルランド人気質とアメリカ人気質の違いと、アイルランドの風景だからなあ。母親とホリーのエピソードには関心があるが。
 で、結論。原作は読まなくてもいいかな。

« 2008年10月 | トップページ | 2008年12月 »

2015年10月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

洋楽に関するおすすめブログ

おすすめ映画レビュー

無料ブログはココログ