フォト

映画タイトル別一覧

  • 映画タイトル別一覧
    外部HPに、当ブログの映画レビューの記事「映画タイトル別一覧」を作りました。

最近のトラックバック

« イントゥ・ザ・ワイルド(Into The Wild) | トップページ | 私がクマにキレた理由(The Nanny Diaries) »

2008/09/28

再会の街で(Reign Over Me)

愛が私を支配する・・・悲しみは、分かち合える人がいて癒される
Reignoverme
 原題がReign Over Me。The Whoの1973年の名盤「四重人格」の名曲のタイトルから引用されている。フー以外にも、ブルース・スプリングスティーン、ジャクソン・ブラウンの70年代の侏儒の名作が流れる。それらにも涙しながら、鑑賞できる、素晴らしい人間ドラマ。主人公チャーリーを演じたアダム・サンドラーの好演を見逃すことは後悔に値する。多くの人に見てもらいたい作品だ。

 同時多発テロ911で妻と3人の娘の家族すべてを失った主人公チャーリー。仕事も辞め、仲良くしていた友人達からも離れ、妻の父母からも遠ざかり、1人ニューヨークのアパートで、毎夜ゲーム(PS)をして過ごす。PTSD(心的外傷後ストレス障害)であるのは間違いないが、これほどまでに心を閉ざす彼の心境とはどういうものなのか。
 それは、家族との忘れられない思い出の記憶が彼を苦しめる、ということではないか。幸せな時代を思い出せば思い出すほど苦しみが増す。ならば、忘れたらいいのか。否、である。忘れられるはずがない。だからこそ、家族と暮らしたアパートを離れない。思い出すことを避ける。ゆえに自分の家族をよく知っていた仲間たちから遠ざかる。

The Who の Love Reign Over Me(愛が私を支配する)が、彼の心を代弁している。

愛だけが雨を降らせることができる。
海岸が海にキスされるように。
愛だけが雨を降らせることができる。
大地に横たわる恋人たちの汗のように。
愛よ、僕を支配せよ。
僕の上に雨を降らせ。(拙訳)

(The Who "Reign O'er Me"歌詞の全訳はこちら

http://blogs.yahoo.co.jp/hotel_zihuatanejo/17825581.html

雨は神が人々にもたらす言葉である、と言われている。天が彼に語りかけるのだ。優しく、そして辛く、雨となって語りかけるのだ。家族への愛が彼を支配する。それが、彼の心境すべてである。

Reignoverme2 彼は、何度もキッチンのリフォームをしている。妻との最後の会話が、キッチンのリフォームについての話であったからだ。彼は妻からその話を持ちかけられた時、聞こうとしなかった。その記憶も彼を苦しめる。それゆえのキッチンリフォームなのだ。忘れられない最後の会話の影響がここにも表れている。家族への愛が彼を支配しているのだ。

 そんなチャーリーの苦しみを一言で言い表した傑出の台詞がある。

 「あなたは苦しみを分かち合える人がいるからいい。」 

 法廷でチャーリーが義母に言ったこの言葉。映画「イントゥ・ザ・ワイルド」での台詞を思い出した。その言葉は「幸せは、分かち合えた時に現実となる」。結局、喜びも悲しみも、共有する相手がいてこそ、なのだ。人間はだれもが、一緒になって喜んでくれる人、一緒になって悲しみを感じてくれる人、が必要なのだ。
 チャーリーはその相手が、娘と孫を亡くした義父母でもよかったはずなのだが、彼はそれを拒んだ。家族付き合いをしていた会計士家族でもなかった。1人で苦しむことを選んでしまった。元ルームメートのアランに出会い、若いセラピストに出会い、話すことを促される。しかし同時にその行動は、愛する家族を亡くした深い悲しみに再度襲われる結果となる。彼が一番恐れていた結果だ。一旦は自暴自棄になり、銃を手にする。銃弾がみつからず、そのまま町に出て、警官に銃を向けるという、死を覚悟した行動をとる。逮捕され、精神鑑定を受け、法廷へ。
Reignoverme1 その時に発せられた言葉 「あなたは苦しみを分かち合える人がいるからいい。」 彼の辛さは、まさにその相手を求められない辛さだったのだ。

 そして、彼は変わっていく。ただし、分かち合える人を探し始めたのではないだろう。アパートを移り、部屋の雰囲気を明るくしただけだ。家族を忘れるためではない。記憶がなくなる筈はないのだから。思い出そうとしない自分ではなく、思い出しても強く生きていける気持ちを持ち始めたのだ。立ち止まらず、ほんのわずかな一歩を踏み出したに過ぎない。しかし、その一歩は大きい。そしてきっと、彼は苦しみも喜びも分かち合える人をいつか見つけるだろう。彼の視線は未来を向き始めたのだ。

 アランにも、この出来事により大きな心境の変化と、成長が見られるが、私はあえてチャーリーの心についてのみレビューした、ということを最後に付け加えておく。

« イントゥ・ザ・ワイルド(Into The Wild) | トップページ | 私がクマにキレた理由(The Nanny Diaries) »

映画」カテゴリの記事

コメント

この映画、みてみたくなりました。みるとつらいとおもうけど(ρ_;)

同じような悩みを抱えている人が見ると、辛いかもしれません。あまりに現実的過ぎるからです。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/510100/42619320

この記事へのトラックバック一覧です: 再会の街で(Reign Over Me):

» 愛の支配/ザ・フー [洋楽訳詞ブログ The Cinema Show]
= Love Reign Oer Me / The Who = == 愛が僕を支配する == {{{No.80}}}  1973年発表のThe Whoの名盤「四重人格」(Quadrophenia)の1曲。(Oerは0verのv音を省略した形)   「四重人格」はリーダーのピート・タウンゼントが全曲書き下ろしたコンセプトアルバム。4つの性格(The Whoの4人のメンバーに投影させている)を持ったモッズの若者の成長を描き、79年に「さらば青春の光」として映画化さ..... [続きを読む]

» 再会の街で(Reign Over Me) [洋楽訳詞ブログ The Cinema Show]
= 映画「再会の街で」(Reign Over Me) =  映画の中で使われた曲が話題になることはよくある。サウンドトラックが一枚のアルバムとして高く評価されたりする。たとえば、「サタデー・ナイト・フィーバー」。 また、映画が描く時代を想起させる曲が挿入されて、時代の雰囲気を表す効果がもたらされる。たとえば、「フォレスト・ガンプ」。アルバムのコンセプトがそのまま映画化されたこともたまにある。ピンク・フロイド「ウオール」がそう。  でも、映画のストーリーの中で、レコードの内容についての台詞..... [続きを読む]

« イントゥ・ザ・ワイルド(Into The Wild) | トップページ | 私がクマにキレた理由(The Nanny Diaries) »

2015年10月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

洋楽に関するおすすめブログ

おすすめ映画レビュー

無料ブログはココログ