フォト

映画タイトル別一覧

  • 映画タイトル別一覧
    外部HPに、当ブログの映画レビューの記事「映画タイトル別一覧」を作りました。

最近のトラックバック

« パフューム - ある人殺しの物語 (Perfume - The Story Of A Murderer) | トップページ | 再会の街で(Reign Over Me) »

2008/09/14

イントゥ・ザ・ワイルド(Into The Wild)

「幸せは、分かち合えた時に現実となる」

Intothewild1  傑作に出会った。数々の台詞に、心を動かされた。

 裕福な家庭に育った大学卒業すぐの若者が、いわゆる「自分探しの旅」に出る、という、実話を元にしたストーリー。最初は、世の中を何も知らない若者のわがままな一人旅、という印象があったが、私のお気に入り俳優ショーン・ペンが監督・脚本ならば、そんな単純なものではないはず、と思ってはいた。やはり、その通りであった。

 物欲にまみれた現代社会に疑問を持ち、大学院進学をやめ、学費をすべて慈善団体に寄付し、身分証明書を燃やして、一人旅にでた主人公クリス(エミール・ハーシュ)。名前さえも捨て、アレックス・スーパートランプ(「放浪者アレックス」)と名乗ることにする。「信念よりも、愛よりも、お金よりも、名声よりも、、、真実が欲しい」とも彼は言う。裕福な暮らしを捨ててまで、彼はなぜ旅に出たのか。

 それは、親と子の関係。
 両親の結婚までのいきさつ、自分と妹の出生の秘密などを知った時、どれほどの衝撃を受けるか。両親の不仲が、子どもたちにどれほどの苦しみを与えるか。これらは、十分に「旅に出る理由」になりうるだろう。そして、この時の子どもの心境をうまく表現した台詞が映画の後半で発せられた。

 「子は親を許せないものだ」  

 旅の途中で出会う孤独な老人ロン(ハル・ホルブルック)の台詞である。
 親は自分を生み育てた絶対的な存在だからこそ、子どもは親に完ぺきさを望んでしまうものだ。そのため、親の未完全さを目の当たりにしてしまうと、許せなくなるのではないか。この台詞には、うならされた。

 そして、突然姿を消した息子を前に、慌てる両親。その様子を、クリスの妹カリーンのモノローグが語る。その一つがこれ。

 「悲しみに直面すると、関係が修復される」

 不仲の両親が、息子失踪の事実の前で、お互いをいたわり合い始める。この時点で、クリスによる両親への抗議行動の目的は達成されたはずである。帰るべき時は、この時だっただろう。妹は既にこの時、それに気付いていた。クリスのモノローグは自分の気持ちだけを表しているが、カリーンのモノローグは自分はもとより、兄・両親の心情を巧みに描写している。モノローグが非常に効果的に使われていると感じた。

 さらに追い撃ちをかけるように、ロンの台詞も響く。

  「人を許した時、神が見える、光が見える」

 クリスは両親を許す時だったのだ。時機を逸したのだ。

 そして、様々な人と出会い、別れ、そして家族の元に帰るチャンスを逃し、クリスが北のアラスカで見つけた、人生を生きる意味とは何か。

 「幸せは、分かち合えた時に現実となる」(Happiness is only real when shared.)

Intothewild2  私は、幸せに感じる瞬間を求めて人は生きるのだ、と思う。つまり、家族や愛する人・仲間とともに、人生で幸せを求めていくことが、人生なのだ。
 クリスは、旅の途中でこう呟いていた。「人間関係が人生に必要とは限らない」。きっと、彼は最後の場面でこの言葉の間違いに気付いただろう。人は人と関わってこそ生きて行ける。人は1人では生きられない。気付いた時には、もう遅かったのだ。が、気付くことができたことで、彼はかすれゆく意識の中で、両親との再会を思い描くことができたのではないか。同時に、私たちに十分すぎるほどのメッセージを残してくれたのだ。決して、裕福な若者のわがまま一人旅映画ではない。

 最後に一言。荒野、嵐、大農場、砂漠、湖、大河、どの映像も大地の、自然の、生命の息吹が溢れていたし、パール・ジャムのエディ・ベダーによるアコースティックな音楽もストーリーに、映像に実にマッチしていた。このことも付け加えておきたい。

« パフューム - ある人殺しの物語 (Perfume - The Story Of A Murderer) | トップページ | 再会の街で(Reign Over Me) »

映画」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/510100/42475257

この記事へのトラックバック一覧です: イントゥ・ザ・ワイルド(Into The Wild):

» イントゥ・ザ・ワイルド/Into the Wild [Kristen Stewart News]
監督:ショーン・ペン共演:エミール・ハーシュ、ヴィンス・ヴォーン、キャサリン・キーナー 他 ステータス:撮影中 原作邦訳あり Watch the l... [続きを読む]

« パフューム - ある人殺しの物語 (Perfume - The Story Of A Murderer) | トップページ | 再会の街で(Reign Over Me) »

2015年10月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

洋楽に関するおすすめブログ

おすすめ映画レビュー

無料ブログはココログ