フォト

映画タイトル別一覧

  • 映画タイトル別一覧
    外部HPに、当ブログの映画レビューの記事「映画タイトル別一覧」を作りました。

最近のトラックバック

« リトル・チルドレン(Little Children) | トップページ | 帰らない日々(Reservation Road) »

2008/07/23

オリバー・ツイスト(Oliver Twist)

「悪いことは悪いんだ」という公正さ、「自分を信用している人を裏切らない」という誠実さ、それが大切

322771view011  チャールズ・ディケンズの名作を「戦場のピアニスト」のロマン・ポランスキーが2005年にリメイクした映画。
 タイトルやプロットは何度も耳にしたことがあるし、ミュージカル版「オリバー」も有名なのだが、鑑賞したことはなかったので、DVDを借りた、多くの映画レビューは結構辛辣な内容になっているので、実際どうなんだろう、という思いもあり、期待半分で観てみた。
 観た直後の感想としては、「そんなに酷評する映画じゃないよ」。フレディ・ハイモア主演の「奇跡のシンフォニー」(以下「奇跡」)が、この作品のプロットと似ている、と言われているが、「奇跡」よりは遥かに良い点が多いと思う。

 まず、人物描写の面から。
 激動の時代の中で、自分を決して見失うことなく真摯に生きようとする主人公の姿にとても好感が持てる。とびきりのスーパーマンでもない、ごく平凡な一人の少年の話である。境遇は平凡ではないが、自分から何かを働きかけたわけではない、という点で、行動は平凡、と言える。しかし、オリバー少年はどんな境遇でも、「悪いことは悪いんだ」という公正さ、「自分を信用している人を裏切らない」という誠実さを決してなくさない。人として大切なことは何か、それを私たちに教えてくれる。
322771view002  スリの親玉フェイゲン(ベン・キングズレー)の人物像。犯罪者で悪人であることは確かだが、オリバー(や他の子どもたち)への愛情は深い。間違いなく悪ではあるが、時折見せる善の面が映画を観ている者に、フェイゲンと言う人物への複雑な印象を与える。人間というのは、善悪単純に判断できるものではない、ということを教えてくれる。なにより、ベン・キングズレーの好演により、フェイゲンがある意味魅力的に映ったことは確かであろう。

 また、ストーリーの面。
 19世紀のイギリス。突拍子もないストーリー展開ではなく、流れに無理がない。(「奇跡」は無理だらけ) 老紳士ブラウンロー(エドワード・ハードイック)がなぜにオリバーに入れ込むのか理解しがたい面は多少あるが、物語としては十分許容範囲だろう。ラストに、オリバーが牢獄のフェイゲンを訪れるエピソードも、主人公の人物像を浮かび上がらせるには十分な内容だ。

 オリバーの生き方、フェイゲンの人物像、ストーリーの展開、どれも十分に評価されていい内容だと思う。

« リトル・チルドレン(Little Children) | トップページ | 帰らない日々(Reservation Road) »

映画」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/510100/41948891

この記事へのトラックバック一覧です: オリバー・ツイスト(Oliver Twist):

« リトル・チルドレン(Little Children) | トップページ | 帰らない日々(Reservation Road) »

2015年10月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

洋楽に関するおすすめブログ

おすすめ映画レビュー

無料ブログはココログ