フォト

映画タイトル別一覧

  • 映画タイトル別一覧
    外部HPに、当ブログの映画レビューの記事「映画タイトル別一覧」を作りました。

最近のトラックバック

« 奇跡のシンフォニー(August Rush) | トップページ | リトル・チルドレン(Little Children) »

2008/06/29

告発のとき(In The Valley Of Elah)

帰還兵士の心の闇を世論に告発する・・・SOSを受けとめよ

200pxin_the_valley_of_elah  一つの社会問題がある。それを世論に訴えたい、または告発したいと願う時、その表現方法は2通りある。一つは、マクロな視点で問題点を見る方法。理論をしっかり組み立て、様々な事象を並べることで、その理論を補強する。もう一つは、ミクロな視点から問題点を浮かび上がらせる方法。理論は言わない。その代わりに、ある事件を詳細に描写する。同様に別の事件を取り上げる。そういう積み重ねで、自ずと問題点が見えてくるようにする。

 監督(脚本)ポール・ハギスの特徴は、まさに後者である。前作「クラッシュ」は、事件・事象に関わった人物の心の内面を深く描写し、時には感情移入させるような演出、時には客観的に見つめることの出来る演出を施している。そして、人種差別の根にあるのは、私たちが誰しも持ちうる思い込みや偏見である、と訴える。
 そして、今回の「告発のとき」では、事件は一つに絞りながらも、登場人物の内面を描き出すために、様々なエピソードを丹念に織り交ぜている。そして、一つの問題点を浮かび上がらせている。それは、帰還兵の心的障害。
 帰還兵たちのPTSD(心的外傷後ストレス障害)については、ベトナム戦争を描いた映画で何度も描かれ、反戦運動でも言及されている。しかし、この映画には、アメリカの正義と信念を忠実に守り、信じている退役軍人のハンク(トミー・リー・ジョーンズ)が登場する。彼は常に沈着冷静である。息子マイク(ジョナサン・タッカー)も、正義感と意志の強い若者として、父の目に映っている。PTSDの様子は、父の目には映らない。
 ところが、マイク失踪そして殺害後、ハンクの独自調査および、サンダース刑事(シャーリーズ・セロン)の捜査で、様々な隠された事実を知る。その事実一つ一つが、マイクの、そしてその同僚兵士たちの苦悩を浮かび上がらせる。アメリカにいる時の日常がすべて覆される「戦地」と言う場所。その場所では、すべてが狂っている。同僚兵士が言ったことば「ひどい現場を体験したあとは、みな喋らず、黙ってしまっうんだ」と。戦地での現実を受け入れるのは容易なことではなく、まず一人の時間が必要であり、そして、自分なりの方法で受け入れる。中には、「イラクなんか核兵器でぶっ飛ばせばいいんだ」と思ったり、「痛がる敵軍兵士捕虜を痛めつける」といった方法で、自我を保つのである。帰還兵士を夫に持つ女性が飼い犬に対する夫のDVを訴えて警察に来る、という話も、マイクにまつわる話と平行して語られるが、その悲劇的な結末もPTSDの深刻さを補強するエピソードとなっている。

 そして、最後に真実が明らかになった所でハンクのとる行動がまた深く考えさせられる。アメリカの正義と信念を信じているハンクが感情をあらわにして考え方を一気に変える、というストーリーなら想像するに難くないが、ポール・ハギスの演出ではそうはならないのだ。あくまで冷静に、現実を受け入れる。しかし、ある方法で静かに訴えるのだ。この訴え方は、大きな声で叫ぶよりも、遥かに私たちの心に訴えるものがある。私は涙が止まらなかった。もちろん感動の涙でも同情の涙でもない。私たちはもっと真剣にこの問題を考えなければならないんだ、という、後悔と決意の涙だ。

 最後に、タイトルのIn The Valley Of Elah(エラ谷)は、旧約聖書の中のエピソードの一つ。イスラエルの少年ダビデが、巨人ゴリアテに戦いを挑み、わずか5つの石とパチンコでやっつける、というもの。ハンクがこの話をサンダース刑事の息子に話して聞かせる場面で登場する。この息子は、あとで母親に「なぜ、イスラエルの王(サウル)はダビデを兵士として送ったの?」と質問する場面がもっと印象的だった。この話をイラク戦争にたとえれば、「なぜ、アメリカは若者をイラクに送ったの」となる。ちなみに母親の答えは「わからないわ」。そう、イラク戦争でもその答えは「わからないわ」であろう。だからこそ問題なのだ、その派遣を積極的であろうが消極的であろうが賛成し、支持したのも我々なのだ、とハギス監督は訴えるのだ。

 アメリカ国旗を逆さに掲げるのは、強いSOSのサイン。イラク戦争に関わったのはアメリカ人だけでなく、日本人だってそうだ。SOSのサインを受けとめなければ。

« 奇跡のシンフォニー(August Rush) | トップページ | リトル・チルドレン(Little Children) »

映画」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/510100/41687187

この記事へのトラックバック一覧です: 告発のとき(In The Valley Of Elah):

« 奇跡のシンフォニー(August Rush) | トップページ | リトル・チルドレン(Little Children) »

2015年10月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

洋楽に関するおすすめブログ

おすすめ映画レビュー

無料ブログはココログ