フォト

映画タイトル別一覧

  • 映画タイトル別一覧
    外部HPに、当ブログの映画レビューの記事「映画タイトル別一覧」を作りました。

最近のトラックバック

« ユー・ガット・メール(You've Got Mail) | トップページ | メン・イン・ブラック(Men In Black) »

2008/05/31

陽のあたる教室(Mr.Holland's Opus)

普通の教師の、普通の人生。でもそこには人の成長がある。

Hollandsopus  ホランド先生は、「フリーダム・ライターズ」のような情熱的な先生でもないし、「今を生きる」「ごくせん」や「GTO」のような破天荒さもなければ、「金八先生」のような正義感溢れる人徳者でもない。むしろ、教師にでもなるか、そうすれば自分の時間を有意義に使える、と思っていた、どこにでもいるごく「普通」の青年教師だった。自分の時間を使って、専門である音楽の勉強と作曲をしよう、教師は一時の仕事と考える、そんな「いい加減な」教師だった。ところが、楽器演奏の未熟な生徒達に嘆きつつ、一人の生徒の楽器の指導をすることで、教師という職業のだいご味を知るようになるのだ。さらに、距離を置いていた聴覚障害を持つ息子と、真に向き合うようになる。そして定年を迎えた時、息子と妻の見ている前で、かつての教え子たちで構成されたオーケストラの指揮を執る。教え子に囲まれて定年退職を迎えることほど、教師冥利に尽きることはないだろう。その演奏曲こそが、ホランド先生の作品=Mr.Holland's Opusなのだ。

 この映画の素晴らしさは、ごく普通の人が、目の前のことに精一杯取り組み、時には間違いや失敗を犯しながらも、着実に成長していく姿が描かれている点ではないだろうか。取り立ててすごいことをしたわけではなく、教師として当たり前のことを、親として当たり前のことをしただけなのに、感動的な映画となっているのは、この映画が描く世界が本当にリアルだからであろう。自分の時間を大切にしたがる気持ちも、障害を持った子どもと面と向き合えない心の弱さも、やっかいな生徒の面倒をみるのを嫌がる姿勢も、浮気心も、みんなリアルだ。その時その時、真剣に悩み、精一杯努力し、問題を解決していく。そして、そんな中で人は成長していく。

 ごく普通の人の、ごく普通の生き方でも十分ドラマなのである。そして、ごく普通の人が、自分の出来ることを精一杯することで、この世の中はよくなるのだ、と私は信じている。世の中にヒーローは沢山いるのだ。

 最後に一言。ホランド先生(リチャード・ドレイファス)が手話で歌う「ビューティフル・ボーイ」、この1曲だけでも、音楽点は満点。

« ユー・ガット・メール(You've Got Mail) | トップページ | メン・イン・ブラック(Men In Black) »

映画」カテゴリの記事

コメント

とても素晴らしい映画って感じでした。でも、たまには、こういう作品も観たい気分になりますよね。なんていうか、優しい内容です。元バンドマンで作曲家になる夢を捨て切れない音楽教師の息子が聴覚障害なんて... 母親が気付いたカーニバルのあのシーンがグサッときましたね。楽しい祭りの最中なのに、まさに残酷って雰囲気に包まれていました。ロウィーナ・モーガンとガートルード・ラングの問題がホランド先生の抱えていた女生徒って感じで観易かったです。なんだか、感動作って感じですね。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/510100/41380782

この記事へのトラックバック一覧です: 陽のあたる教室(Mr.Holland's Opus):

« ユー・ガット・メール(You've Got Mail) | トップページ | メン・イン・ブラック(Men In Black) »

2015年10月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

洋楽に関するおすすめブログ

おすすめ映画レビュー

無料ブログはココログ