フォト

映画タイトル別一覧

  • 映画タイトル別一覧
    外部HPに、当ブログの映画レビューの記事「映画タイトル別一覧」を作りました。

最近のトラックバック

« クラッシュ(Crash) | トップページ | ラストキング・オブ・スコットランド(Last King Of Scotland) »

2008/03/13

ドリームガールズ(Dreamgirls)

ジェニファー・ハドソンの歌声と、ビヨンセの姿を見るだけでも価値あり

Dreamgirls

  アメリカン・ドリームに、仲間内の恋愛を巡るいざこざ、別れと再生、と、ストーリーはシンプル。でも、そんなことは、元々舞台で演ずるミュージカルなのだからあたりまえ。この映画は、そういう所を見てはいけない。映画の作り手も、観客がストーリーを分かっていて,舞台での上演を見ている、という前提で映画制作に乗り出している。つまり、この映画の見どころは、ミュージカル「ドリーム・ガールズ」という題材をどう料理するか、という点にこそある。
 そういう点で見れば、映画のキャスティングはピッタリはまっている、と思う。中でも、ビヨンセとジェニファー・ハドソンを起用したのは大正解。アカデミー助演女優賞のジェニファー・ハドソンは吹き替えなしで歌ったそうだが、演技というより歌声の素晴らしさには驚嘆した。声の存在感は抜群。ビヨンセは歌では完全に食われてしまっているが、彼女がティーンエイジャーを演じている場面の、彼女のキュートさは抜群。その後成功した頃の妖艶な姿もよいが、彼女が中心に居ず、ジェニファーの脇で歌っている頃の姿の方がむしろ断然に光っている。
 歌われる楽曲も、舞台で使われている曲はもちろん良いが、映画のオリジナル曲"Listen"や"Love You I Do","Patience"なども、ストーリーや上手く合わせ、舞台では表せない雰囲気を出してくれている。
 主演と助演の女優を見る、楽曲を楽しむ、と考えれば、見る価値のある映画だと思う。でも、本来は舞台で見るべき作品ではあると思うし、「ヘアスプレー」「プロデューサーズ」よりは出来はよいが「シカゴ」には負けているかな。

ビヨンセが歌うListenの訳詞はこちら。

http://blogs.yahoo.co.jp/hotel_zihuatanejo/26498998.html

 

« クラッシュ(Crash) | トップページ | ラストキング・オブ・スコットランド(Last King Of Scotland) »

映画」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/510100/40489054

この記事へのトラックバック一覧です: ドリームガールズ(Dreamgirls):

« クラッシュ(Crash) | トップページ | ラストキング・オブ・スコットランド(Last King Of Scotland) »

2015年10月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

洋楽に関するおすすめブログ

おすすめ映画レビュー

無料ブログはココログ